読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

だってよ

N君、彼が片思いしていた女性から告白されて、付き合うことになったんだってよ。
はーおめでとうございます。
少しばかりの虚無感と、でも思いが通じてよかったねって嬉しい気持ちと、とはいえ生きてる限りどうなるか分からないからって期待と、恋人以外の一番って立ち位置もあるよねという強がりとでごちゃまぜ。
でも、いい事だと思っています。よかったね、好きな人が幸せになるって、いいことだよね。

付き合い出したこと、私に一番に報告してくれましたね。
誰かに言いたくてしょうがなかったんだろうけど、それはそれで嬉しかったです。「またご飯行きましょう」と言ってくれるし。え、彼女大丈夫なのそれ、と思いましたが、社交性の塊の人なので気にしないんだろうな。



N君は、草食系かと思ってたのですが、やっぱりちゃんと男子でした。
彼とは一緒にはしゃげるひとが似合ってると思うんだけど、彼が好きになったのは大人しくて守りたくなる存在だったようです。
男子だねぇ。

まー。色々ありましたが、意外と深く傷ついてないんです。
女性の友達というポジションで、ずっといい匂いを振りまき続けてやりますよ。いつか後悔しても知らないんだからね。