労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

胸の傷は痛いけれど

何とも。浮かれていた自分を沈めたい。みついです



今のところまさかの結果になっているわけです。
あんなに仲良く喋れたのは何だったんや…。君コミュ力高すぎやないかい…。
曰く、
・チョコと手紙を貰って、まず手紙の意味がわからなかった
・検索したりして、これはどういう意味かと2日間ぐらい考えた
・もしかして勘違いかもと思うし、今でも勘違いかもしれないとも思っている
・でももし、勘違いでないなら、その気持ちは嬉しい
・ただ自分も今好きな人がいて、その気持ちに答えることはできない
・みついさんと話したり飲んだりするのは楽しいので、もしみついさんさえよければ今まで通りの関係でいてほしい
・返事が遅くなって申し訳ない。本当はもっと早く伝えるべきだったと思う


んー。
まぁ、今のところ望みないですよね。
じくじくと胃の上あたりが痛みます。
ばーかばーか。何で彼氏持ちを好きになるかなN君。
でもまぁ…彼の幸せを願いたい気持ちも多少はあったりして、それにやっぱり話してて楽しいから友達ではいたいなと思う気持ちもあって、嫌いになれないんですよね。

なんかもー好きな気持ちもバレてしまったし、女性を追いかけてる男性に振り向いてもらうなんてすごい大変そうだし、さーっと引いてしまいたいです。彼から。
でもそれは彼を傷つけると思うのでやらない。しばらくは。
でも、女性の気持ちなんてすぐ変わっちゃうんだからねー。というのを知らせたい。
何だよバレンタインの後からニコニコしながら近付いてきたくせに。居心地よかったくせに。



もう少し、ささやかに密やかにアプローチを続けましょうか。ボディタッチもなし、好きっぽい表現もなし。ただ、友達として仲良くする。
で、少しずつ甘えさせてもらう。
できるかな。
胸の痛みは止まらない。できるのかな。