読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

「渡すだけにします!」

分かるかこの微妙なニュアンスの違いが。みついです。


もーほんとあれなんです。明日の予定なんです。急に動機が激しくなったり、手に汗かいたりして、もー全然落ち着かない。
明日の仕事が終わってから渡してくれるんだと思うのですが、じゃあ日中の仕事中に顔を合わせる時はどんな表情すればいいのよ問題を忘れていました 。
ただでさえ月曜は高パフォーマンスが求められるというのに…。


ところで読み返してみたんです。彼とのLINEのやり取りを。
そうしましたら、「渡すだけです」ではなく「渡すだけにします」と書いてありました。
ほう…。渡すだけに し ま す 。

それは、何かね。渡すだけにしないという選択肢も検討した結果、渡すだけを選んだように見受けられるが、どうかね?
…なんて、偉そうに言ったところで、その真意がどこにあるのかは本人しか知る由がないのですがね。

何にせよ含みのある表現には違いない。
「(今日のところは)渡すだけにします」
「(忙しそうなので)渡すだけにします」
「渡すだけにします(から期待しないでください)」
…うーん…どれもしっくり。


この話題で何日引っ張るんだって感じですよね。もうね、半分楽しんでるところもあります。だって明日には答えがわかるから、色々妄想できるのは今しかありません。
渡すだけだと分かっていても、念のため部屋も掃除しましたw 恋ってすごいね。

鈍感さん、奥手さん。口下手さん。なのに自分の好きなことには饒舌になる。
明るくて周りをよく見てて、私には無い交友関係を持ってる。
低い声色、長い指、際立った顔の輪郭。
まだ子供っぽい考え方も、大人の男の人の面影も垣間見える。
君といると笑顔が絶えないし、いつまでも話が続いてしまうよ。
絶対、私を幸せにしてくれる。

さぁ、君はどんな答えを返してくれるの。

もーはやく。早く時間よ過ぎてくれ。