読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

妄想しすぎて三パターン

春ですね。みついです。


引き続きN君からのお返しについて妄想を繰り返す日々です。
暇なんだろうな。


お返しをくれるのが週明けなので、それまでは手足もがれた状態で、こっちからも連絡しにくいし、向こうからも連絡が無いっていう、いわば緊張状態にあります。
結果的に音信不通になっているのですが、それはそれで慣れてきました。
前は結構、ついLINEしてしまうことがあったのですが、一旦やりとりを止めてからは特にしんどいとか苦しいとか思うこともないですね。
まぁ、それ以上にホワイトデーに振り回されているってのが大きいですが。
そういや職場の子達にホワイトデー用意しなきゃ…。



さて、今回の一件(まだ解決はしていない)で彼がどういう行動をしてくるのかがわからないので、今しかできない妄想をしながら待つとしましょう。

大きく分けて、3つのパターンがあると思う。
一つ目は、本当にお返しだけ渡してくれて終わるパターン。
二つ目が、俺も好きです、或いはそれに準じたメッセージが発信されるパターン。
最後が、先輩後輩として仲良くしてください等好意を断るパターン。
割合は…どうでしょうね、5:2:3ぐらいですかね…。


一つ目のお返しだけで終わるパターン。
これは、結構悩むかもしれない。私は彼にメッセージをつけて渡しているわけで、それを知った上で返事なしってことは、穏便な拒絶とも考えられる。
まぁ、だとしても、はっきり断られている訳では無いので、また連絡取り合って二人で飲みに行って、距離を縮める努力をすればいい。
…でもな、バレンタインに渡した時、後から「ご馳走様でした!」的な連絡がなかったんですよ。いつもならくれるんです。だから、彼の中で返事をどうしたらいいかと悩んだんだと思うんですね。
悩んだ上でお返しをくれるというのなら、何のメッセージも無しで渡してくれるってのは、やっぱり可能性低い気がしてきました。


二つ目、好きです的なメッセージ発信。
いや…どうなんでしょう。こうなったらいいって考え続けてますよ。でもそれを言葉にするのは怖いね。
ホワイトデーにお返しくれるって知った瞬間期待したのがこれです。わざわざホワイトデーより前に、事前告知した上で、時間を作って渡してくれるんだもんね。
ただ、気になるのが「渡すだけ」。これがデートまでしてくれるのであれば、本当確信をもてたのにな。
まぁ…でももしかしたら、もしかするかもしれません。
最近のいい感じぶりを思い出しても、こっち側の可能性しか感じないんだよなぁ。
奥手で言葉をするする喋られない彼だからこそ、緊張するから渡すだけに集中したいのかもしれないしね。


三つ目。お断り。
いやー。きついですよね。でも、本当考えにくいんです。無理ならもっと前から素っ気ない態度しろよと説教が必要です。笑顔で、或いは真顔でこっちを見てくるくせに、お断りってことはないでしょう…。
あるとしたらどんな理由でしょうか。年齢差かな、やっぱり。いやじゃあ何故二人で飲みに出かけたりするのか。あれか、パワハラだとでも思っているのか。
ぐう…でも渡すだけだから、否定出来ない。もしこうなってしまったら、この感情をどう処せばいいのか分からないなあ。
友達として仲良くしていけるかなあ。



悶々としてしょうがないです。