読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

待機中

なかなかN君から連絡をくれません。みついです。

やきもきするなー。
でも、まっすぐ男の子なN君は、本当は雑談をLINEでやり取りするのは苦手だったのかもしれない。苦手というより、意味を見いだせない?
電話は苦手ですって言ってたぐらいだし、LINEだって近からず遠からずでしょう。
とりあえず、連絡途切れてから1週間。数えると長いなあ。



さて、そんな状況で果たしてどうやってアプローチを期待しましょうね。
私が彼に期待するのは、やっぱり二人でどこか出かけること。それを彼から誘ってほしい。
折しもこの先2ヵ月ぐらいは、私と彼の休みがかぶりそうなんだ。
その為の誘い水をどう流すかなんですよね。
理想は、雑談の中で「〇〇いきたい」「いいっすね」「いつ暇?」みたいに話が進むことなのですが、雑談をする暇がないのでなあ。
ホワイトデーって意識してるかな?ホワイトデーに向けて、少しずつ「デート誘え誘え」をインプリンティングしていきたい。
きっかけは何がいいですかね。