読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

高嶺の花子さん、なのか?

Simejiキーボードって、高嶺の花子さんと入力すると、会いたいんだ今すぐその角から飛び出してきてくれないか、という予測変換が出るのですね、すごいな。みついです。


顔がいいかどうかなんて、パーツの配置とバランスだけの問題なのに、人生変わる程影響するのだから大変です。私は偶然、比較的パーツのバランスが整っている顔で生まれたのですが、いわゆる「美人」だから全然苦労がないかと言うとそういうものではないです。
今でこそ処世術を身につけましたが、顔がいいといきなり言い寄ってくるひとがいます。ちょっと変わった人が多いです。だから、むやみに愛嬌良くできません。
そして、ほとんどの変わってない大多数の男性は、むやみに近づいては来ません。これが「美人」ではなく「可愛い」だったらまた違っていたのでしょうが、どうも高嶺の花的扱いを受けてしまって、最初から諦めてしまうのでしょうか。
自意識過剰とお思いですか。私もそう思いたいのですが、自分が醜悪であると表現すると周りからすごい否定と不快感を示されるので、消去法でそうなっているんだと思います。

回りくどい言い方をして何を伝えたいかと言うと、N君にも「高嶺の花」と思われていないかを心配しています。そこに、彼がいまいち踏み込んでくれない要因があるのではないかと考えているのです。

私はあなたのことが好きですよ、と態度で示していきたい。だから踏み込んできてください、と。
こっちから押せ押せでいかないとだめなのかなあ。
でも最近押しまくったので、今は観察期です。理想は向こうから連絡くれるようになることです。それが無理でも、一旦私からの連絡が止まっていたことで、次に連絡した時に密かに喜んでもらえたら、それでいいとも思っています。