読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

頼みにくい彼

彼が、誰かに対してものを頼みにくいのかなというエピソード。

とある趣味の一致から時々話しが弾むN君。
その趣味の話の中で、「あれいいですよね」と話を彼から持ちかけてきたのです。
み「いいよね!わかるわー」
N「ですよね。でもYouTubeでしか見られなくて」
み「あー短いもんね(短い動画しかあがってない)」
N「そうなんですよ」
みたいな話をしました。その日はほかの話題に移ったのでそれで終わりだったのですが…。
わたしは、彼が見たかった動画の全編を持っているので、もしかして借りたかったのかしら…?
貸して欲しいという意思を暗に表示していたのかしら…。
だとしたら、あまりにも控え目なお願いの仕方ですね。その時は気付かなかったんですけど、そこから考察できるなと思います。


N君はコミュニケーション能力が高くて、ネット用語でいう陽キャだと思うのですが、そんな彼でも誰かにお願いするのは苦手なのかなと考えました。
実は長男、ゆとり世代な彼は、誰かと深く関わったことがないそう。広い交友関係は、浅くもあるということでしょうか。深く関わるってどういう事だろうと思いながら彼の告白を聞いていたのですが、確かに誰かと常に一緒にいるってことはなさそうです。
断られるのが怖いのか、お願いしたことがないから方法が分からないのかはしりませんが、誰かに頼るという経験は、もしかしたら少ないのかもしれない。特に異性に対して。
いいのに…言ってみてくれたら。
つか、それって恋する乙女状態?いやいや立場逆だから!
でも、草食系男子ってそうなのかもしれない。うーん…ひとまず頼ってもらえるように仕向けてみるか。
そう、きっと彼は草食系なんです。そんな気がしてきたって話はまた今度。