読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

やってもらったことの数を数えてみようかと

とある恋愛ブログにて、男性は叶えた女性のわがままや願いを覚えていて、その量が女性を愛するバロメータになるという記事を読みまして、なるほどと思い意識しています。


ので、彼にお願いしてやってもらったことをこれからはなるべく数えておいて、私自身が揺らがないように、不安にならないようにしようと思います。


今日で言うと、
☆目的地まで送り迎えしてくれた
運転が別に好きってわけじゃないと思うんだけど、お願いしたら車を出してくれた。ブレーキのタイミングが私と違ってドキドキすることもあったけど、すっかりおまかせできました。

☆買い物代行
レジが遠いところで、私の買い物とお金も渡して一緒にお会計してもらった。


してもらった後のお礼は懇ろに!明るく可愛く!を心掛けましたが難しい。
イメージはN君が王子様でヒーローになってくれるように。
私は(歳は触れず)姫の扱いをしてもらえるように。


あと尊敬と好意の表現。
尊敬出来るところは素直に言葉にするし、彼の好きなところは頑張って好きだと伝える。


ドキドキしたり恋焦がれるような感情ではなく、二人で暖めていけますように。
積み重ねましょう。