労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

一つの決別

N君関係ではありませんが、ずっと引きずっていた人間関係が、ひとつの終着点を迎えました。
どんな理由であれ、出会い方、別れ方であれ、よほどの恨みがなければ終わりが来ることは胸に傷をつけます。しばらくはじくじくと痛いのでしょう。
でもしょうがない。これ以上進むことのない関係だったし、いつか終わらなければならなかった。
多分お互いに罪悪感を感じながら傷を抱えながら生きるのです。いつか優しく思い出せるように。