読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

片思いとかそういう、どうにもならないもの

N君が先日一緒に遊んだであろう女の子の話をしました。てっきり彼女の方がN君を誘ったのだと思っていましたが、ほかの人との会話を聞くとN君から誘ったのかもしれないです。
おーう…。なるほどー…。
ショックを受ける反面、何故そこまでN君に執着するんだろうと客観的になる自分もいます。なにかに焦ってるんだよな背景として。
ちょっと時間が欲しいですね。