労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

明日もしかしたら会えるかも

N君からの音信が途絶えているので自信無いですが一応約束してるみついですこんばんは。
相変わらず忙しそうなんだよねー…。
今回ご飯に私から誘ったんですけど、もうちょっと恒常的に会う機会が作れないものか。
いや、それよりこの前感じた何かが足りない感を考えるのが先か。

接近しても避けられることはないし、同じ空間にいたら話しかけてくれる。優しいし。
でも私を最優先にしてくれる訳では無い。当たり前だが。そこに物足りなさを私自身が感じているのだろうか。

やっぱり追いかけられたい。彼から誘ってほしい。付き合いじゃなくて楽しみにしてほしい。
…あー何か今分かったな。
N君にも楽しみにしてほしいんだ。
そして、共通の思い出を作りたいんだ。それで強くなれる気がする。

ってことは、デートですか。
あの色んな人と遊ぶのに忙しいN君を引っ張り出せる、思わず行きたくなるプランを考えねば…。