読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

悲劇の主人公になりたがり

考えないように意識するほど考えてしまう罠に陥っているみついですこんばんは。
多分これ、恋している自分が好きなだけなんですよ。なかなか思いが伝わらない苦しい私☆みたいな。いままでの経験からするとあまりいい傾向ではない。
まだ個人的なやりとりすら発生していない状態なので、正直相手の人柄とか倫理観とか知らないのに自分だけで盛り上がっている。ほとんど一目惚れみたいなもんですよ。
この状態で思いつめると何がいけないって、理想ばかり高くなって勝手に幻滅してしまうのがいけない。私はその経験をM氏のときに実感しているはずなんです。
この状態を早く脱出するためには、接触回数を増やして相手に興味を持っていただくと同時に、雑談できるぐらいに仲良くならねば。
でも取引先様って難しいですよね。こちらも向こうも仕事するために時間を作っているので、雑談する時間なんてないし、ましてや二人きりになるチャンスなんてそうそうない。
早めに打合せ場所に出向いて、開始前に待機しておくぐらいしかできないでしょうかね。

うーん。
あとはめいっぱい仕事して、疲れて寝るに限りますな。明日からも頑張りましょう。