読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

これまでのあらすじ N君編

●2014年9月
N君就職前。とあるセミナーで知り合う。このころは名前もまだ覚えていない。正直印象も薄い。大学での研究内容を一生懸命説明してくれていた。確か。

●2015年4月
N君弊社に入社。本当に入社してきた、と驚く。まだ名前はよく覚えていない。

●2015年4月末
とある勉強会で一緒になる。ここらでようやく名前と顔が一致。同時期にN君の同期の年下O君とLINEのやりとりがスタート。多分時期を同じくしてN君ともやりとりを開始していたと思われる。
そしてその頃から殆ど毎日、LINEのやりとりが続いている。

●2015年6月頃
とある趣味の一致が露呈。思いっきり盛り上がる。
多分この頃から何かこの子いいなーと思っていたと思う。

●2015年8月上旬
N君が我が家に遊びに来る。

●2015年8月下旬
私がN君の家に遊びに行く。彼の同期数人と一緒に食事する。

●2015年9月
二人で飲みに行く。ここで明確に異性として意識する。単純なことですが、狭いカウンター席で手が触れたりしてドキッとしてしまったのだよね。
飲み会の後から、徐々に距離を詰める努力をはじめる。

●2015年10月
二人で出掛ける。昼食、夕食を共にする。彼のきれいな手とまつげに惚れる。

●2015年12月
N君の家で深夜まで滞在。いまいち盛り上がらず終了。ものの貸し借りし、帰宅。

●2016年6月
用事がある時のみ連絡する仲に落ち着く。N君も忙しくなり、食事などもご無沙汰に。距離は保ち続ける計画。

●2016年10月
配置転換があり、N君がより身近になる。
久しぶりに再開し、単純に仲良くなりたいと実感。

●2017年1月
ちょっとずつ近付いている実感はあれど、何せ彼の予定が埋まりすぎてて約束を取り交わしにくい。人気者すぎるのが現状最大の難関。
複数人数で擬似デート敢行。

●2017年2月
草食系なのかもと思い、立て続けに連絡を取り接触する。N君の体調不良を気遣い手作り、市販品含め差し入れ。相談したいと居酒屋に付き合ってもらう。
激務の私に彼から差し入れを入れてくれる。
バレンタインに食事に行き、チョコレートを渡す。
ちょっと物理的距離が近付いた気がするが、彼からの動きはまだ少ない。
歓送迎会のあと、別グループの飲み会に二人で参加。ほとんど終電帰り。大変楽しく話ができた。会う度に仲良くなっていると感じる。

●2017年3月
一週間ほど連絡を絶っていたら、N君から「バレンタインのお返しを渡したい」旨の連絡が入り小躍りする。だが、渡すだけだと知り絶望する。


ーーーーー

時々更新します。