労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

N君は忙しい

子犬系N君は、次の日が休みだろうが仕事だろうが構わず出かけたり、飲みに行ったりしているようだ。
曰く、食事を一人で食べるのが苦手らしい。そのためだろうか。
今まで親しくなった人の中で一番の行動派かもしれない。それぐらい忙しそうにしている。

そんな彼も、時々よる遅くまでLINEのやりとりに付き合ってもらえることがある。次の日が休みで、布団の中から寝るまでやってくれているんだろう。お互いの返信が早いとき、表現しづらいほんわかとした気持ちになる。
ここ最近は一日1通程度しか連絡が来ないが、焦る気持ちもない。M氏に比べたらなんと確実なことか。
雑談なのに付き合ってくれてありがとう、と今度伝えてみよう。