読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

お久しぶりです。色々あったんです、聞いてください

ご無沙汰してますみついですこんばんは。
いやー音信不通になってしまいごめんなさいでした。理由はお察しください。
書き留めておきたい近況があるので、徒然なるままに文字起こしします。

●M氏との関連事項について
・そもそもM氏。あれからというもの殆ど進展はない。確か食事に行って、我が家に遊びに来たぐらい。
・とは言え、男性を家に上げるという勇気ある行動をしたわたくし。夜も更けた時間です。
・ところが何も起きず。普通に雑談して帰るM氏。
・えっ…(゚Д゚;)
・高まるDT説。いやそれでもいいんですけど、もう少しこう…勇敢な行動とか…あるでしょ…
・かねてから反応の薄いM氏に対する興味が薄れていたので、ますます連絡を取らなくなる。向こうからは忘れた頃に様子見の連絡が入る
・そしてあっという間に地元に帰るM氏(仕事の関係)
・つまり現在遠距離におります

●年下O君との関係性について
・密にしていた連絡は徐々に減っていき、今では完全に連絡は止まる。
・グループLINEに入っているし、月に一度程度は集団で食事をするので、繋がりとしては維持
・恐らくこれ以上の進展はない

●子犬系N君との関係性について
・思わぬ趣味の一致が露見し、大いに盛り上がる
・今では彼とのやりとりがほぼ毎日続く
・先日二人で食事も達成
・今後の伸びしろに期待

ということで、私の中でM氏は終わりました。敗因は、リズムの不一致だと思われます。
何せ返信が遅い。受け身。反応が薄い。頑張って押してみてたんですが、もう疲れちゃったんでしょうねえ。
M氏には申し訳ないが、私は次へ進みます。
ただ、彼とのやりとりの中で学んだこともあります。
まず、努力してアピールするのは半年が限度だということ。全力で気を遣って接触するのもそれぐらいで疲れます。勝負はアプローチはじめてから半年以内ですね。
あと、男性のエンジンの掛かりが遅いと言うこと。上記内容とリンクするのですが、特に自信がない人はスロースターターのようで、私が手を引いてからあちらで火がついたような、そんな風に見受けられます。何度か二人で出かけて、空気を盛り上げていかないとだめですね。


んで、現在は子犬系N君に興味が。
彼とは気負わず話が出来そうだし、それなりに慣れてそうなので安心できます。
別記事でこの前行った食事の様子でも備忘録として残しておきます。