労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

気軽な-2cm

始まってないのに終わったみついですこんばんは。

昨日の、M氏からの拒絶について考えていましたが、もうこれしょうがなかったと思うことにしました。あまりにコミュニケーション不全でした。分からなすぎる。

嫌いなら遠ざかって欲しいし、好きなら近付いて欲しい。ただそれだけだったんですけどね。

私が近付きすぎたんでしょう。

*

さてー、年下O君から今日はじめて電話がかかってきました。

み「どうしたの」

O「あの、岩盤浴行きません?」

み「はっ!?」

どうやら近くの岩盤浴に、彼の同期の男の子と一緒に行くらしく、私まで誘ってきた。おお…!?この気軽さは何だ。やっぱり大学生の延長な生活してるんだな、懐かしいな。

…いや、車がないから私を足に使おうとしていたな。

ちなみに彼の同期の男の子も知っています。こっちのこの方が可愛い。子犬可愛い。

二人ともリア充ぽくて、私には眩しすぎる。

そろそろ次の出会いを探さないとねえ。

また同僚Yに合コンをお願いしてみようかな?