労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

今日は合コンでした。

だいぶ体調が回復してきたみついですこんばんは。

まだ咳が出ます。そんな中、喫煙者のいる合コンへ行ってきました。今咳が止まらず苦しい感じです。

3時間ほどご飯を一緒に食べましたので、報告をば。

*

まず、前提として私は合コンが好きではありません。今まで致し方なく参加したこと数回。初対面の人と話すの難しい。

ので、すごく行きたくなかったのです。が、そんなこと言ってられないので、自分なりに目的を持って臨むことにしました。その目的とは、「自分の市場価値及び武器を知る」です。まあ簡単に言うと、相手を惚れさせることができるかどうか。

M氏に対して相当のアプローチをしたにもかかわらず、彼からは相変わらず連絡がありません。これは私の魅力がないからかと判断しているのですが、それはM氏に対して需要がないのか、世の中で需要が無いのかを知りたかった。ついでに、私が思う異性を落とすアプローチが武器として通用するかの確認もしたかった。

なので、当初は適当な格好で行こうと思ったのですが、考え直して完璧に武装して向かいました。

*

メンバーは女性が2名、男性3名という構成。同僚Yの粋な計らいで開催されました。男性側の2名が、今日のターゲットです。

ちなみに合コンと言っても、本当に気軽な飲み会という雰囲気で、大学生がするようなチャラっとした雰囲気はありません。

そのため、連絡先の交換はその場ではしませんでした。もしかしたら同僚Y経由で後で何かあるかもしれない。

恒例の箇条書きで。

・みついいきなり遅刻。既にメンバーで盛り上がっている

・Oさん(39)とTさん(40)

・二人は同じ会社。設備関係。

・めちゃくちゃお酒飲む。すげー。

・酒豪Oさんは、鎖骨の見える服装で、癖毛で背が高い。この人何で独身だ?というほどそこそこの良い顔。

・室内でも帽子を取らないTさんは、正直顔がよく見えなかった。何で帽子取らないのかな?髪の毛にコンプレックスあるのかな?

・煙草もパカパカ吸う。ハイペース。

・料理男子Oさん。

・高級品を多く所持する帽子のTさん

・途中から身を乗り出し、話を振ってくれる帽子のTさん

・首を傾げたら一緒に傾げてくれた酒豪のOさん

・私の年齢を「20代前半?」とか言って下さった。ありがとーござまーす。

・ご飯代は全部奢ってくれました。まじか。ありがとうございます!!

・つぎいく?って話になったが、酒豪のOさんが明日仕事ということで解散。

酒豪のOさんが意外にツボでした。全然期待してなかったからよかったー。

あのね、骨格がめちゃくちゃ好みでした。ごつごつした手、逞しい首筋とくぼんだ鎖骨。あと、たばこを吸う姿が渋かった。遊び人っぽいけどその危うさは男性的魅力があります。

たばこ吸わない、お酒も弱いM氏とは真逆!

いいなー。あの手と鎖骨は卑怯だなー。眼福眼福。

あ、んで、私の市場価値と武器について。

奢って下さった点、また「2件目いく?」という発言から、楽しかったと認識してくれたのだろうと思う。第一印象としては悪くないであろう。

武器については…まだわからんね。個で対応してないのでね。ただ、できるだけ笑顔でいようと心掛けたからか、終始笑いの絶えない場になっていた。ときめかせるほどではないと思うが、好印象を与えられたのでは。

これについては、同僚Yが橋渡し役をしてくれるかどうかが、一つの指標になるであろう。