読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働系女子の色恋沙汰雑感

仕事一筋で生きてきた三十路の女の恋煩いなど徒然と。

2日目。自信を深めるということ

連絡が来ない、且つこちらからも連絡しない日にちをカウントしようという企画?です。

今日で2日目。耐えるほどM氏からのお誘いに近づく、はず。

,

さて今日もあれこれ考えていたが、先日日曜日に三人で飲みに行ってから、私の心理状態はずいぶん変わったと実感している。

それは、自信の有無である。

M氏が頑張って話してくれたお陰で、また上司Sが背中を押してくれたお陰で(確証がないのに私の中ではそういうことになっている。人間都合がいいものだ)、私はずいぶん自信を得ることができた。

今までは、ラインの返信が来ないと「嫌われたかな」とか「やっぱり連絡するんじゃなかった」などとすぐネガティブに考えてしまっていた。嫌われたくない一心であった。

でも今は、少なくとも嫌われてはいないと思うし、もっと仲良くなれそうな気がする。だから、ちょっとぐらいのお願いは聞いてもらっちゃおうという心構え。お願いっていうのが、相手から食事に誘ってもらうってことなんだけどね。

困難だろうか。いつ、どこで、何をとか考え出すと決まらないかもしれない。長考するタイプのM氏は、今頃どこがいいか考えてくれているのかも。

私ラーメンでも牛丼でも、何でもいいッス。だから早く声をかけて下さいな〜。

気持ちが冷めないうちにどんどん仲良くなりたい。そのためには、彼がしてくれたように、私もM氏に自信をもってもらえるような振る舞いがしたい。「誘ってね!」以外でも何かできるだろうか。あっ…会いに行く?これはいいかもわからんね。通りすがりなんですーとか言って突撃してみようか。

.

あと、次に会ったときに確認しておきたいのは、メールが送られるのは嫌いかどうかということ。嫌なら今のまま控えるし、嬉しいならどんどん送る。そこんとこ聞いておこう。